• ニュージーランドの肉牛牧場

ソービニヨンブランの挿し木
というのはウソです。

7月ごろ、アタマイワインのオーナーであり、友人でもある
ネルソンに住むコウヘイさんのところへお邪魔しまして、
丁度その時期は、葡萄の木の剪定の時期だったので
剪定した枝を10本ほど頂いてきました。

土に刺しておけば芽が出るよ、とのことだったので
早速、植木鉢に腐葉土を詰め、そこに刺しておいたところ、
なんと本当に芽が出てきたのです!

芽に勢いがあるものや、なんとなく元気がないものなどさまざまですが、
刺した10本全部から芽吹きの兆候が見受けられます。

順調に成長したら、ワイナリー始めちゃおうかな~??

というのはウソですが、葡萄が採れる様になったら楽しいだろうな!
とワクワクしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。