• ニュージーランドの肉牛牧場

チェンジリング (Changeling) 2008年(日本では2009年)公開

実際に起きた、ゴードン・ノースコット事件を題材にしたもので、
事件被害者家族からの聞き取りを基にストーリーが創られました。

詳しく書くとネタバレになってしまうので書けませんが、
タイトルの「チェンジリング」とは、ヨーロッパに伝わる、子供が妖精に連れ去られたときに代わりに置いていかれる要請の子供、という伝説に基づく言葉で、日本語では「取り替え子」といいます。

シングルマザーのクリスティン・コリンズの息子、ウォルターが姿を消すところから物語は始まります。
当時の社会状況での女性の不利な立場、腐敗した警察、それらの、とても実話とは思えないほど不幸な状況の中で、その困難に立ち向かっていく母親の姿は観る者に勇気と希望を与えてくれることでしょう。

監督は、クリント・イーストウッド。彼は、このところ実話ベースの映画を立て続けに作っていますが、どれも素晴らしい出来です。主演は、アンジェリーナ・ジョリー。この映画の話を知って、自ら主役を志願したそうで、素晴らしい演技を見れてくれます。

この映画は必見です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。