スポンサーリンク
牧場の日常

我が家の牧羊犬

こんにちは。

シュウです。

 

ニュージーランドの牧場と言えば牧羊犬。

英語で言うと「Sheep Dog」です。

ですが、これは羊用に限った表現。

 

牛にも使いますので、一般的には「Working Dog」という言います。

 

つまりは、肉牛牧場のウチにいるのは、

sheep dog

ペットです。(笑)

通常のWorking Dogは、犬笛や声による命令にそって動くようにトレーニングされています。

我が家のワンコたちはなんのトレーニングもされていないのでペットですね。

 

それならトレーニングすれば良いじゃない?と思うでしょ?

一般的に、犬のトレーニングは飼い主が行います。人によって命令方法やコマンドが違うからです。また複数の犬を使う場合も、犬によってコマンドが違います。それをそれぞれ、飼い主が犬に教え込むわけです。

犬笛を吹きながらあるいは言葉を発しながら、右にやったり左にやったり。前に進めたり後ろに下げたり。地道なトレーニングです。

僕、実は犬笛が吹けません。どうやっても音が出ない。何度も練習したんですが、どうにも音を出すことができず諦めました。

 

というわけで、我が家のワンコたちはノートレーニングなのです。(笑)

 

ペットな彼ら。

でも、僕の牧場仕事にはついてきます。そして、トレーニングもしていないのに、僕が牛を進めたい方向へと、牛を追いやってくれます。

 

彼らは本当に頭がいい。大事な同僚です。

彼らのおかげで僕のやることが随分と減っていますからね。

 

昔、観光牧場を訪れた時に、そこの牧場主がこう言っていました。

 

「いいワーキングドッグを持っているファーマーは太っている」

 

犬がアレコレやってくれるので、ファーマーは動かずに済み太ってしまう、ということだそうです。ま、観光客相手の鉄板ジョークのようですけど。(笑)

 

この様に、牧羊犬はとても頭がいいのです。

 

中にはそうではないものもいるようですけどね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 海外生活ブログへ 

Twitterもやっています。
良かったらフォロー、お願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ポカポカ牧場 in ニュージーランド

コメント

タイトルとURLをコピーしました